酸ヶ湯温泉

酸ヶ湯温泉に行ってきました。日帰り入浴の『女性専用時間:朝の8時~9時』を狙っての来訪です。多少吹雪いていましたが、青森市内から約40分で到着。しかし、車を駐めるところが無い。前日が土曜なので、宿泊客が多いのでしょう。泊めてある車も、雪をかぶりまくってます。スキー客にも、温泉(秘湯)好きにも、大人気の宿です。

IMG_4890.JPG

IMG_4892.JPG

公式HPはこちらです。
https://sukayu.jp/inside/bathroom.html

入浴料は千円(フェイスタオル付き・バスタオルは返却)。ヒバ千人風呂(混浴)と、玉の湯(男女別)に入れます。女性陣が入浴している間に、休憩所『御鷹々々(おんたかたかたか)サロン』でひと休み。休憩所から見える景色も、風情があります。

IMG_4894.JPG

先日、「9時になると、男も入れるんだよねー。どうやって知るんだろう? 男が入ってきたら9時って事?」「それなら男湯の入り口は、どっかの神社の『福男』みたいにスタンバってるかもねー」なんて話をしてたのですが、あがってきた女性陣から「風呂場に時計、有ったよ」って。9時を過ぎて、千人風呂へ。

すんごい湯気でよく見えない。昼間でも暗いのは、天気が雪だからかな。『かけ湯をしてからお入り下さい』って立て札があるけど、「どこで?『冷の湯』って、水でしょ?」って思ったら、すんごくぬるめのお湯でした。

「時計、どこにあるの?」なんて思いながら『熱の湯』に入る。次に『滝湯』。あんまり熱くないし、勢いも無い。でも、風情があって良い。続いて『四分六分の湯』に入る。こっちの方が熱の湯より熱く感じた。でも、温泉のお湯の温度って日によって結構違うって聞くし、もちろん、入浴客の数や季節でも違うって聞くので、そんなもんかなと。

ぬるめの湯が好きなので、熱の湯に戻って、しみじみとホワホワする。ふと、男性側の入り口階段付近に、ぼやっと光る風呂桶みたいなものがある事に気づく。「由緒ある風呂桶でも飾ってあるのかな?」なんて思って近づいてみたら、時計でした。メガネ外してるから、遠くからじゃ分からなかった。

女性専用時間が終わったばかりなのだろうか、女性客の姿は見えません。っつーか、立ちこめる湯気&メガネ外しで、近くの人もよく分からない。横に長い衝立(ついたて)の向こうから、かすかに女性の声が聞こえます。各湯船の真ん中くらいに、『男←→女』という立て札があります。湯船に仕切りはありません。

女湯側の衝立の方には『冷の湯(かけ湯)』があるだけで、湯船は無いらしい。混浴真っ最中の時間だと、湯船につかるには『四分六分』『熱の湯』に入るしか無いようです。千人風呂では入浴だけ。泉質上泡立たないようで、洗い場も設置されていません。

女性用の湯浴み着が売ってありますが、ちょっと丈が短いような…。でも、(とある温泉番組を観てたトコロ)女性同士でも「乳房切除の痕が気になって入りにくい」という声があるようで、湯浴み着を必要とされる方は少なくないようです。出来れば、持参やレンタルが可能になれば良いかなって思います。いっそのこと、(シャンプーも体洗いも出来ないのなら)『全員着用(男性は腰巻き風)』で如何でしょうか。・・・ちょっと乱暴な意見でしたかね。

中央に柱も無く、豪雪地にある温泉とすれば立派な建物で、風情は満点です。武田鉄矢氏がラジオで「人間には古(いにしえ)から自然界の微生物を体内に取り込むことが大事という医者の話を聞いて…」と。ココの風呂場の歴史を思えば、びっしりと居そうな感じがしました。ゆっくり入っていたいけど、のぼせ体質(カラスの行水派)なので。でも、「はー、やっぱイイナ~」って思えました。酸ヶ湯の千人風呂は、青森に来て早々の頃ですから、約20年ぶりです。

男女別の『玉の湯』は、シャワーもあって、リンスインシャンプーとボディーソープ常備。「源泉は異なるけど、似たような泉質」だという。コッチの方が、自分には合ってるかな。男性でも混浴が苦手な人は居ますし(かといって、そういう気も無いのですけど)。こちらは、約1年半前に経験済み。湯船は4人も入れば近い感じがするけど、シャワーも6カ所くらい有るし、シャンプーも出来るし。狭いけど、いい湯です。

3000円で6回入浴できる『個人専用パス(複数人使用不可)』が売られてました。1回500円で入れる。ちょっと遠いけど、リフレッシュにはとても良い場所。降雪時期は大変だけど、夏場は良いかも。今回(予算オーバーで)買えなかったアップルパイを目当てに、再訪したいと思います。

「♪い・い・湯~・だ・な、アハハン」が、エンドレスリピート。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント