浅虫さくら観光ホテル

3月の初旬。珍しく妻の平日休みがあり、次女も高校受験で在校生が休みの日があった。「ココしか無い」と『夕食無し・朝食あり』のコースを予約。チェックイン予定は(妻と自分の仕事終わりで行くことになるので)19時頃。出来ればもっと早く行きたかったが、実際のチェックインも、やはり同じくらいになってしまった。下の写真は、翌朝に撮りました。

IMG_4924.JPG

IMG_4923.JPG

到着時は既に日が暮れて、真っ暗。チェックイン時に「全員分の証明書(免許証か保険証等)が必要」とのこと。次女の分を忘れてしまった。「学生証、持ってきてね」って言い忘れた自分が悪い。「明日、取りに帰って提出します」と言ったら、「郵送で大丈夫ですよ」と。

IMG_4904.JPG
和室。良いよね。腰痛持ち(ヘルニアオペ2回)だから、布団の方が有り難い。でもねー、洋室のベッド泊も、それはソレで好き。さらに、部屋風呂もある。平日だから、(同じ階の宿泊客はいるけど)隣室は空いている模様。とても静かだった。部屋には既に布団が敷かれてました。『コロナ対策のために、客室への出入りを少なく』との配慮。(チェックインの)時間も時間だしね。

DSC06511.JPG
翌朝撮影の窓の外。絶景。湯ノ島と陸奥湾。対岸の陸地は蟹田あたり。快晴なので、遠くに岩木山も見えます。んー、でも、地元がゆえ、高低差はあるけど)「見慣れてる風景」と言えば、そうとも言える。

IMG_4909.JPG
風呂がある三階の廊下。一番手前の額(写真)が無いのが気になって仕方が無い。そういう性分。時間は、朝の5時くらいです。(話が前後しますけど)結局、朝方3:30に目が覚めて、一度(次女の保険証を取りに)家に帰って、5時頃ホテルに戻ってきたの。

IMG_4919.JPG

風呂。夜なので、外の景色は真っ暗。湯ノ島も見えない。詳しくは、ホテルHP参照。または、その他旅行系HPで。19:00~19:30で入浴。女性陣の「(お腹すいてるから)30分くらいで上がるかも」という言葉もあり、(部屋の鍵を持たされたので)サウナと風呂にちょっとだけ入るも、すぐにあがる。一人風呂は有り難いけど、内湯が広すぎて、ちょっと寂しい気持ちになっちゃう。・・・かといって、混み混みの温泉もイヤなんですけど(やっぱ、どっちかと言ったら、混んでる方がイヤなのです)。

結局、女性陣が上がってきたのは20時すぎ。皆「「「良い風呂だったー」」」と。サッとあがろうと思ったけど、ついつい…、だそうで。それはソレで、結構なこと。20時30分からの『三味線ライブ』は観られなかったけど、仕方ない。「無料ライブ」なんだけど、気持ち的に「このお値段で宿泊させていただいて、これ以上贅沢したら罰が当たりそう」という、根っからの貧乏性。持参した夕食を終えて、就寝。「枕が変わると寝られないんだよなー」と思って布団に横になった瞬間、記憶がありません。すぐに爆睡してたようです。

まー、平日フツーに過ごしたから後だからね。それに加えて、普段ゆっくりする時間(昼頃)に、夕食の買い出し(レンジが使えないから、冷めても美味しいモノとか考えて)に行ってたから、正直、すっごく疲れてました。「一体、いつまで、家族皆で旅行に行けるんだろうか?」とか、現状が「幸せだなー」とも思いつつ…。缶ビールと9%のチューハイ等をハイペースで呑んだので、食事しながら話したことをほとんど覚えてないという始末。

でも、やっぱり『平日仕事で、家族揃ってホテル外泊』は、無理がありますね。^^;

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント