猫ワイン

長女の誕生日。平内町から青森市に移転した『辻村酒店(リンク先はツイッター)』に行ってきました。新聞折り込みのチラシに「猫好き店主が、猫ラベルのワインを揃えています」との文言に誘われました。

青森では(酒店店主でありながら)ブロガーとしても、結構有名な人だと思います。平内にあった頃に、1度、訪問しております。もちろん、店主さんと会話はしておりません。なぜなら、私が『(極度の)人見知り』だから。

私は、もっぱら家飲み派で「ビール(普段は第3、たまに本物:一番搾り・エビス)」→「安ウイスキー」or「安日本酒」。その「安」は、紙パックかペットボトル。たまーに呑むワインも同じ。なので、ワインには全然詳しくありません。そんな中で『猫柄ラベルのワイン』が揃っている事は、とても有り難い。「どんな銘柄・地方・国が良いのか」って全く分からないけど、ラベルで選ぶ事が出来る。昔で言えば「レコードのジャケ買い」みたいな感じ。

「話しかけられたらどうしよう…」と思いながらも、その場合には、『揃えている猫ワインについて「どれがオススメですか?」』なんてお話をしたかったのですが、おそらく人見知りの神が降りたのでしょう。今回来訪した際、店主さんは先客に、店内の日本酒を詳しく案内していらっしゃいました。

猫ワインの棚から(ボトルに貼られたの値札を見ながら)少し悩んで、1本を選択。『MIMICHATON PINOT NOIR』。
IMG_4939.JPG

IMG_4940.JPG

猫ワイン、美味しくいただきました。同種で別柄(猫違い)も数本ありましたので、次回にも期待いたします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス
かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント